FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

◎ 沖縄本島ー沖縄市/北谷町の素顔

~ 気ままに歩く 沖縄 ~
タイトル

 ( 画像; アメリカンヴィレッジ )
アメリカンヴィレッジ
【 沖縄本島 】
沖縄市北谷町 』 をご紹介しましょう。

沖縄市(旧;コザ市 人口;133,400人余)は
沖縄本島の中部地域を代表する町です。
以前は「コザ市」の名称で親しまれていたが、1974年に市名変更した。
現在でも学校や銀行などではコザの冠で呼称されている所がある。
カタカナ用語の「コザ:Koza」の呼称は人々の身に染み付いている感である。
「基地の街-コザ」「アメリカンなコザ」のイメージが存分
にある。 それこそ夜と昼では街の顔が反転した。
1975年まで続いた「ベトナム戦争」の時代には、米軍人・軍属のみではなく東南アジアやその他諸外国から商いで訪れる人々が通りを闊歩する姿に溢れていた。

ジュークボックスやライブバンドが唸るアメリカン音楽やアメリカン発のニューファッション等が目と耳をリセットする状況でした。
コザに集う若者達は、その ”新風”を東京:新宿の街へ注ぎ込んでメディアの話題になった経歴があります。
若者達は「祖国復帰運動」を重ねながらも、一方では世界的に先進な音や色柄などを吸収するのに懸命であったのである。
コザの街から生まれたロックバンド「紫」などは米本国や東京のミュージックチャートで話題になりました。
現代沖縄音楽には、コザリズムの鼓動が響いているとも云われる。
コザは異文化の溶け合っている街である。
今日においても人々は米軍ベースと関わり合いながら日常性を保っている。

数十年間も米軍ベースを身近にしながらの暮らしですから至極当然の成り行きです。

北谷(ちゃたん)町(人口;27,000人余)は
沖縄市と隣接する基地依存経済の町です。
嘉手納飛行場、キャンプ桑江やキャンプ瑞慶覧のベースがあります。
それらのベースが町の平坦地の殆どを占めているため、民間住宅は傾斜や起伏地に立地している。
道路網の整備・改善を図るうえでベースが障害になっている。
他方、ベースに頼らないと生活維持に困窮する人々も少なくない。
現代沖縄県の「悩みどころ」が端的に露出している。

朗報があります。
以前に返還された軍用地の跡利用計画で「アメリカン風ヴィレッジ」をコンセプトにした再開発が竣工されました。その場所が時とともに賑わいを見せている。
先だって、「沖縄映画祭」が開催されて好評でした。

基地経済からの脱皮を図らんと試みるも困難性を伴っているのが現状である。
住民は住みよいコミュニティの醸成に懸命である。

クリック して↓映像をご覧ください。
沖縄市 の素顔
◇新顔 の北谷町
Windows Media Player の入手

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 関東情報へ
いつも応援、とても感謝です!  See Again!

スポンサーサイト

2009/03/08(日) | 沖縄の島々と渚 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://104box.blog119.fc2.com/tb.php/46-cb206f43
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。