FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

◎ 沖縄の離島ー竹富島

~ 気ままに歩く 沖縄 ~
タイトル

 ( 画像; 竹富島のまちなみ)
竹富島
【 沖縄の離島 】
竹富島 』 をご紹介しましょう。

竹富島
竹富島(たけとみ/面積;5.42k㎡人口;330人余)は沖縄本島(那覇市)の南西方向約417kmに位置する。
周囲;9.2km/標高;21mの円形で平坦な島である。
交通アクセスは石垣島から高速フェリーで10分(距離:5.7km)である。
行政管区は竹富町役場が管轄する。

◆竹富町の管轄域
竹富町役場が管轄する圏域には10の有人島と2つの無人島がある。
≪有人島≫
竹富島西表島由布島小浜島黒島波照間島鳩間島、嘉弥真島
新城島(上地)、新城島(下地)
≪無人島≫
・内離島、外離島から成る。 ※参照 沖縄諸島沿革図

有人島に限ってみれば
竹富町管轄域は総面積:330.16K㎡ 総人口:4,100人余である。
群成する島々が島毎に自然的文化的な特異性を持っている。
なかでも、西表島は沖縄本島に次いで広大な面積(289.27K㎡)を有する島であるが、その90%は亜熱帯の原生林で覆われ、山の斜面・森林ともに海の間際まで迫っており、平地は殆ど無い。
人の居住地は海岸線沿いのわずかな平地に限られる。
1,194世帯2,300人余が点在して暮らしている。

この圏域の島々が発祥の地と云われる琉球染織物の「絣」や焼物の「パナリ焼」など、また舞踊や民謡の分野でも庶民の生活観から創造された演目曲目の数々が現存し、古琉球の文化遺産とされる。

古代史における琉球各地の統治は群雄割拠の状況にあり、豪族権力の離合集散が繰り返される不安定状態にあった。
15世紀初頭になって豪族;尚巴志が各地の豪族を平定して統一琉球王國を創設した。 そして王朝制を敷設し、首里城を王庁とした。
初代王には尚巴志が就任(1429年)した。
ところが八重山諸島や宮古諸島までは未統括状態にあった。

9代目国王:尚真(1477年即位)になって両諸島を征服し、首里王庁を頂点とする中央集権国家を確立した。
以後の八重山諸島を管轄する役所は、竹富島に置かれた。
当時の役所「蔵元」跡が今も残されてある。
竹富島には古琉球の文化史跡や資料が数多く現存されている。

◆竹富町圏域のアクセス
少人口の島群で構成される行政管区である故、役場本庁舎は石垣市に建立されてある。
島の間及び各島と石垣島間には高速フェリーが頻繁に往来している。
石垣港をハブとした交通アクセスネットワークが整備されている。
日常品など、お買物の殆どを石垣島で購入する状態である。

※役場本庁に勤務する職員の殆どが石垣市に住所登録しているため、竹富町が執行する選挙の投票権が無いそうです。

★伝統的建造物群保存地区に選定された竹富島の集落
竹富島の町並景観は、サンゴ礁の石積垣と赤瓦の甍が連なり、白砂で敷きつめられた街路沿いにはブーゲンビレアが咲きゆれて、散策すがらに心の和を覚える。

老人会やご婦人方がボランティア活動で率先的に毎朝の街路掃除を行っている。
白砂の道は毎日チリひとつ無く色々な花が咲きゆれるプロムナードです。
こぞって住民達は古き良き町並みを残す活動に一生懸命である。

役場は集落全体を町並み保存地区としている。
国からの【重要伝統的建造物群保存地区】に選定された。

★竹富島の海浜
周りが浅瀬に囲まれた竹富島にはコンドイ浜、カイジ浜や星砂の浜などエメラルドグリーンの海原が広がる海辺がある。
四方には西表島小浜島黒島や石垣島の島影が眺望できる。

赤瓦の甍、白砂の道、サンゴ礁の石垣根の連なりにブーゲンビレアなどの花々が和やかに戯れ、そして、星砂の煌めくビーチに美しく広がるエメラルドグリーンの海原は訪れる人々に心地よい涼風をそそいでくれる。 ※参照 竹富島のビーチ一覧にリンク

●注目したい島
由布島(ゆふ/面積;0.15k㎡ 人口;17人)は西表島南海岸から約1kmの沖合いにある。マンゴー栽培が盛んな海抜1.5mの小島。
西表島へつながる海は遠浅が広がっていて満潮時でも水深1mほどしかない。 その間を水牛車に揺られて景観を楽しむ水牛車観光は知られるところである。
波照間島(はてるま/面積;12.77k㎡ 人口;560人余)は日本最南端に位置する。
南十字星を最もよく見る事ができる国立の「星空観測タワー」がある。
クリック して↓映像をご覧ください
◇竹富島
Windows Media Player の入手
いつも応援、とても感謝です!  See Again!
XMLRSS

スポンサーサイト

2009/04/18(土) | 沖縄の島々と渚 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://104box.blog119.fc2.com/tb.php/49-6d634723
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。