FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

◎ 沖縄本島ー与那城町/玉城村の郷

~ 気ままに歩く 沖縄 ~
タイトル

 ( 画像; 赤瓦屋根の古住居 )
赤瓦屋根
【 沖縄本島 】
『 与那城町/玉城村 』 をご紹介しましょう。

旧:与那城町は
隣接自治体と平成17年4月に合併した。
具志川市、石川市、勝連町の2市2町の合併に伴い
新称【うるま市】と呼称するようになった。
うるま市(面積;86.01k㎡人口;117,000人余)

旧:与那城町は
本島中部地域の東海岸に突き出た半島に位置する。
藪地島、平安座島、宮城島、伊計島の4つの有人離島が帰属する。
全ての島は海中道路や橋によって結ばれている。
海を渡る「海上道路」は左右にコーラルグリーンの海原を眺望しながらの格好なドライブコースである。
浅瀬の広がる沿海域には海藻が豊富に生息していて、藻を好む「ジュゴン」が回遊する沿海でもある。

中部地域は「エイサー踊り」が盛んな所である。
なかんずく与那城町が継承している「屋慶名エイサー」「平敷屋エイサー」は有名である。
近場には世界遺産の「勝連城址」がある。
琉球王国時代には歴史を刻んだ豪族・貴族の居住まいの地でもあった。

旧:玉城村は
隣接自治体と平成18年1月に合併した。
佐敷町、知念村、大里村の1町3村の合併に伴い
新称【南城市】と呼称するようになった。
南城市(面積;49.70k㎡人口;40,500人余)

旧:玉城村は
本島南部地域の臨海地域に位置する。
コバルトブルーに広がる海洋が眺望できる。
村の地勢は、豊かな緑に被われた丘陵地上に比較的平地の広がりを形成している。
野菜・果物類の熱帯農業が盛んな地域である。

世界遺産である「斎場御嶽」などの琉球古代史を刻んだ多くの文化史跡がある地域でもあります。
近年は臨海地にゴルフコースなどが布設されて
「海眺のカントリー」と謳われて人気をはくしている。

沖縄県は、「青い空 青い海」をキャッチコピーにして
観光地形成を図ってきましたが、今日では、年間数百万人の方々が訪れるようになった。
最近の訪客相はリピーターが多くなってきている。
そのリピーターの訪ね先が「青い海」ではなく、史跡名所や特有の動植物類の観察を求めている傾向に嬉しさを感ずる。

クリック して↓映像をご覧ください。
◇橋のある風景
◇湧き水のある風景
Windows Media Player の入手

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 関東情報へ
いつも応援、とても感謝です!  See Again!

スポンサーサイト

2009/03/29(日) | 沖縄の島々と渚 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://104box.blog119.fc2.com/tb.php/50-1cf4e8a9
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。